リピートを邪魔する“心のブレーキ”とは?

こんにちは、岡林です。

今回は『リピート』についてお話をしていきます。
この間ちょうど、ある先生とお話をしていたときの話です。

その先生は、
「お客さんには喜んでいただいてるのに、どうも次の予約を頂けない」
と、悩んでいたんです。

その先生は、まずトークとか、対面したときの安心感、
それからもちろん、技術についてもものすごいハイレベルな先生なんですね。
感じもいいし、親切だし、心もきれいだし。

なのに、予約が埋まらない。

その原因は何でしょうか?

答えは一つです。

それは、『施術料金を安いと思っていない』ということです。

これはどういうことか、説明しますと…
例えば先生の金額設定が5千円だったとしますね。

5千円を頂くときに、
「このお客さん、ほんと5千円で得してるな」
っていう思いがあるかどうか。

もっと具体的に分かりやすく言うと、
「本当はこのサービス1万5千円ぐらいの価値があるな」
と思っているかどうか。

そうすると、そのお客さんにとっても次回の予約を取った方が得だなと素直に思えて、
「もし受けられるんだったら次はこれぐらいの日にちに受けられるといいですよ」
っていうことが、さらっと言えるんです。

この一言がスムーズに言えるかどうかは、
リピートにおいてとても大切です。

施術金額について、
ちょっとでも「少し高いかな」と先生自身が思ってる場合は、
上手くリピートを促すことができません。

ですので、自分の提供してる価値、サービスについて、
どれぐらいの金額の価値があるのかっていうのは、正確に把握する必要があります。

もちろん、お客さんから見て、その金額の何倍も価値があればいいですが、
先生自身が自分のサービスの価値を過小評価してる場合もあります。

それだととってももったいない、ということですね。

自分の中のブレーキを外していきましょう

ちなみにその先生はなぜそんな感じなのかというと、
保険治療で、何百円でずっと治療をしてた先生なんですよね。

いつも何百円でやっていた治療に対して、1万円を頂いて施術をするとなると、
どうしても「安い」と自分で感じられない脳になってしまっているんです。

そしてお客さんは、ただ、満足している状態です。

価格以上の価値があると感じたとしても、
先生がさらっと勧めることができずにいると、
満足して一回限りで終わってしまう場合もあります。

もったいないですね。

もし自分の中にそういったブレーキがあるなと思う先生は、
例えば「1万円では安すぎる」という言葉を
1日10回でも100回でも繰り返し口に出して、
脳に今まで蓄積しているブレーキを外していく作業が必要です。

これは本来1万円が高いか安いかということではありません。

例えば100万円の車が1万円で売ってたら安いですよね?

金額自体が高いか安いかということではなく、
そのサービスの価値に対して高いか安いかということです。

まずは1万円では安すぎるとか、
5千円は安すぎるという言葉を口に出して、
頭の中をフラットな状態にしてみてください。

そして先生が、
「お客さんにとっても得していただけたな」
と思えるようなサービスにしていきましょう。

そうすれば、スムーズにすんなりと次回予約についてお伝えすることができ、
リピートを増やすきっかけになっていくはずです。

参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。