腹が立ったときは『成長』のチャンス?

こんにちは。岡林です。

今週のテーマは、
『岡林の質問回答教室』をお届けいたします。

読者の先生から頂いたご質問に回答しましたので
ぜひ最後までご覧になってください。

——————————-
【頂いたご質問】

お墓参りのお話良かったですね!

私も月に1回はお墓参りに行くのですが、
お墓参りの後は予約の電話がいつもより多くなります。

また、『許す』ということはとても大切ですね。

私にはたまに腹が立つ事があって
それを注意すべきか、許すべきかで迷うことがあるのですが、

岡林先生は、何を許して何を注意すべきか
線引きなどされていることはありますか?

~~~~~~~~~~~~~

というご質問です。

以前お送りしたコチラの
メルマガに関するご感想とご質問ですね。
↓↓↓
[link]http://goo.gl/n00NMK → [ 2 ] 1.25% ( 13 )

※メールマガジンのブログに
 リンクしています。

お墓参りに行った後に予約の電話が増えるというのは
実際のところよく聞くお話です。

先生によってはお墓が無いなど様々なご事情があると思いますが、
お墓参りをあまりしない先生やご先祖様に感謝の気持ちで
手を合わせる機会の少ない先生はぜひ試してみて頂ければと思います。

次に、腹が立った時に許すべきか、注意するべきか
というご質問についてお答えしたいと思います。

こちらに関しては、私もあまり明確な線引きというものはしていません。

では、腹が立った時にどうしているのか?
本日はその点について詳しくお話させて頂きますね。

たとえば、公共の場でマナー違反をしている人がいたとしましょう。
こうした場合、先生ならどう思われるでしょうか?

注意した方が良いんじゃないかと迷われるかもしれません。

ただ、このような時にはまず
『なぜ自分は腹が立っているのか?』を考えるようにしてみてください。

例えば、私たちがまだ何も知らない子供なら
『マナー』という概念を知らないので
相手の行為に腹が立つことはそもそも無かったはずです。

相手がマナー違反をしていると気が付くことができませんからね。

では、なぜ腹が立ったり心がざわざわすることがあるのか?
それは、私たちが成長する中で頭の中に様々な教育や考え方が入ってくるからなんです。

一言でいうと、

「~でなければならない」
「~すべきだ」

といった考え方ですね。

こうした概念が頭に入っているとマナー違反をした人を見て
腹が立ったり心がざわざわするようになってしまいます。

自分の頭の中にあるルールや概念から外れているから
腹が立つというわけです。

そのため、こうした場合には自分の心が何に反応しているのか
を俯瞰して見てみてください。

私もたまにやっていますが気づきがあって面白いですよ。

たとえば腹が立ったり心がざわざわする時は
自分の中に何かの概念があるはずです。

いちどその概念を取り外してみましょう。

「マナー違反をしてはいけない」

と頭に入っているなら、

「マナー違反をしてもいい」

という言葉に変えて自分の頭の中の概念を一度フラットにします。

フラットな状態であれば自分の概念をもとに
他人を批判したり判断することが減ってきます。

これが自分の概念で相手を判断して裁こうとすると
口論になってしまうんです。

相手には相手の概念がありますからね。

その上で、言わないと命の危険がある場合や
今後とっても困るだろうなという場合には、注意をしてあげるとよいでしょう。

言った方が愛だと思うなら言った方が良いでしょう。
心がざわざわした時や腹が立った時はチャンスです。

「自分の心が何に反応しているのか?」

「どんな概念が頭に入っているのか?」

相手を鏡にして見てみると成長できるチャンスですので
ぜひ試してみてくださいね。

まあ、私自身がしっかりしていないので、
人のことを言えないというのが実情ではあるのですが…

あまり立派なことを言っていると立派でないといけなくなりますからね。
自分が苦しくなるようなことはなるべく止めた方が良いと思います。

相手のことを言うよりも自分が昨日の自分より一歩でも
成長できた方が世の中のためにものすごく役に立ちますので、

腹が立った時にはこんな考え方もあるんだなと
試していただければと思います。

本日も最後までご覧頂き、誠にありがとうございました。