先生から出ている◯◯を変えるのが成功への近道

こんにちは。岡林です。

突然ですが最近、色々なセラピストの先生や成功者と呼ばれる人と出会って話をしてみて、「ずっとうまくいっている人」ってどんな人なんだろう?と改めて考えてみることがありました。

(ちなみに、先日は松居一代さん(船越英一郎さんの奥様)とお話をする機会がありました。資産が100億という噂があります。)

共通して感じることそれは・・・

 

ずっとうまくいっている人の特徴

 

それはテクニックでも会話のうまさでも見た目でもありません。

 

このメルマガをお読みの先生は、コミュニケーションテクニックであったり、技術テクニックであったりと日々磨かれていることと思います。確かにテクニックはとても重要です。

 

しかし一番大切なものは、その人からでている「なみ」です。「その人から出ているなみ」と聞いて「なみ」って何のこと?と思われたかもしれません。「なみ」といえば波動、電波、エネルギー、パワーなど言葉で書くと怪しくなってしまいますが、見えないものなのですから仕方ありません(笑)

ただ、先生も感じたことがあるかと思います。この人といると、なんだか「心地がよい」「前向きな感じになる」「居心地がよい」そのような感覚をお持ちになったことはありませんか??それとは逆に筋肉が強ばって、なんだか違和感を感じることもあるかもしれません。

このなんだかわからないけど、「心地がよい」「前向きな感じになる」「居心地がよい」これ、とっても大切なんです。

例えば、ご飯を食べている時隣に知らない人が座ったとき、顔をみなくても、会話しなくても、なんだか心地いい人っていませんか?そういう人って、人間関係でも仕事でも、ものすごくうまくいっていることが多いんです。

「成功はやすらぎ。人生は波動」

と、私が尊敬している斎藤一人さんは言っています。たとえば、すべてを犠牲にして、「この明確な目標を達成するんだ!」と強く強く決意して行動を継続できたら、かなり高い確率で達成できるかとは思います。

しかし、親友・家族・大切なものを犠牲にしなくても、本当は幸せに豊かになれるんです。それには、自分からでている「波」を変えてしまうこと。

 

では、波を変えるにはどうしたらよいか?

 

自分の「波」を変えるには2つの方法があります。今回は一つだけ紹介します(笑)正直、これだけやれば十分です。それは、、「人の幸せを願う」街を歩いていて、知らない人に対して「この方にすべてのよきことが雪崩(なだれ)のごとく起きます」と、心の中で願うことはできますか?

そのときあなたからでる「波」は確実に変化しています。まずイライラしているときは、やろうとも思わないです。心の余裕がないときは全くしたいと思わないのですね。

ということは今の自分の波がわかるということです。できたときは自分に対してほわっと、温かい気持ちになるのではないでしょうか?

もし一日30人ほど心の中で、人の幸せを願うことができたら、1年後には、あなたはそばにいてものすごく心地のよい人になっているはずです。そうなると、幸せ、豊かになるアイデアをひらめいたり、周りからもどんどん引き寄せる状態になります。

自分からでている「なみ」 を変えることができるのはおそらく人間のみです。

最初に書いた、松居一代さんしかり、心が前向きになるような素敵な方と一緒にいたり、音声を聞いたりするだけでも波は変わってきますよ。