仕事が上手くいくようになる”秘訣”を教えます

こんにちは。岡林です。

今月も下記のように週によってテーマを設けて情報をお届けしていきます。

—————————————————————
第1週:岡林の成功原則論
第2週:新規・リピートなど出張整体の集客術
第3週:岡林の成功原則論
第4週:教えて岡林先生~「岡林先生の質問回答教室」
第5週:出張整体あるあるコーナー
—————————————————————

さて、今週は1週目ということで、
『成功原則論』についてお届けして参りたいと思います。

仕事がうまくいく方法とは何か?

こう考えてみると難しく感じるかもしれませんが、その答えはとっても簡単です。

どうすれば仕事が上手くいきやすいのかというと、それには『使命感』を持つことが大切です。

使命感がある人はそこに『想い』が乗っかります。
そうするとたとえ同じ言葉を放ったとしても、伝わり方が変わってくるのです。
もっというとその人のオーラのようなものが変わってきます。

使命感を持って仕事をしている先生と使命感を持たずに仕事をしている先生の雰囲気はどこか違います。
そしてこの使命感の有る無しは実は患者さんにも伝わっているのです。

これは施術のテクニックやコミュニケーション能力といった表面上のものではなく、
先生との会話の端々から使命感を持ってやっているのかを肌で感じているのです。

先生はいかがでしょうか?

「使命感」を持って施術を行っていますか?

もし、自信がない場合は次の質問をご自身にすることで使命感を持っているかどうかがわかってきます。
その質問というのが…

===============
「休みの日に何をしているか?」
「なぜこの仕事を始めたのか?」

===============

この2つの質問です。

これらの質問に胸を張って笑顔で応えられる先生には上手くいっている方が多い感覚がありますね。
頭の中で考えるだけでなく、ぜひ一度紙面に書き起こしてみてください。

そして、どうすればもっと魅力的で分かりやすくなるかを考えてみてください。
先生のもつ使命が明確でより良いものに昇華されていくでしょう。

ただ、ここまでの内容だけだと使命感についていまいち伝わっていないかもしれませんので、簡単に解説をさせて頂きますね。

「使命感」とは…

たとえば、心理学には「名前を呼ばれると嬉しい」というテクニックがあります。

そのテクニックを知って
「名前を呼ぶと、リピート率が上がるんじゃ…?」
なんてことを考えながら患者さんと会話している先生と、

患者さんに関心があって自然と名前を呼んでいる先生とでは、相手への伝わり方が全く違います。

「クライアントさんに喜んで欲しい」という理由なら使命感を感じますが、
「リピート率をあげたい」が理由では使命感を感じられないですよね?

私の考える『使命感』とは、どんな仕事であっても最終的には

~~~~~~~~~~~
「喜ばれることをする」
~~~~~~~~~~~

ということに行き着くと思っています。
クライアントさんが喜び、社会(世間)が喜び、自分も喜ぶことをしていて悪いことが起こるはずがありません。
人それぞれ使命があって、それをみつけると、どんどんパワーがあふれてくるのですね。

では、その使命をどうやって探せばよいのでしょうか?
その答えはとても簡単です。

それは、目の前の人から頼まれたことに対して

「自分ができる範囲で喜ばれる行動をする」

というのが最短コースです。
※人が喜ばないことや、自分自身が無理をしてはいけませんよ

頼まれ事をこなしていると、自分の向き・不向きがわかってきて自然とそれが仕事になってきます。
わたしの場合は、自分ではわからなかったのですが、

整体をしているときに「私もやってほしい!」といった紹介が起こったことや、
「あなたは整体に向いている」と周りから背中を押してもらったことで
「もしかしたら向いているのかな!?」と気が付いた感じでした。

よくよく考えてみると、小さいころから両親の肩を揉んだり背中を押したりしていたことも自然と学びになっていたのかもしれません。

そんな私ですが、この間、面白い出会いがありました。

その方は女性のエスティシャンなのですが、
「お客様を見たら、お金を持っていそうかどうかだけを見てるの」
という考えをお持ちの方でした。

私はそのような視点で見たことが一度もなかったので非常に驚いたのを覚えています。

でも、すごいと思いませんか?笑
彼女は仕事をやっていて楽しいのでしょうか…?

お客様の財布事情を察する前に、
「自分には何ができるんだろう?」
と考えたほうが、人も喜ぶし、世間にも喜ばれます。

人の欠点ばかり言う人もいますが、その前に自分の欠点を直したほうがみんなが喜ぶでしょう。
そして、そういう人に限って、「経営がうまくいかないんです」って。そんなの当たり前でしょ?って(笑)

人は「人形」ではなく、「心」がある生き物です。
心をみないで、お金しかみていない人からは温かい感じがしないんですよ。

それをオーラのような形でなんとなく感じてしまうんです。

このように言うと「お金はどうでもいいんですか?」なんて言われることがありますが、お金も大切です。心も大切なんです。

心が温かいセラピストは、やはり人気が高いですね。
普段「考えていること」が、その方の雰囲気ににじみ出てくるからでしょう。

もし、どうしても普段考えていることがマイナスに偏りがちなら…

顔だけは笑顔にする。
言葉だけは、前向きな言葉に変換する。
体だけはよく動かして前向きになれるようにする

などなど、簡単にできることから、始められると良いかもしれませんね。
自分が今やっている仕事に使命感を持って取り組んでいると、思わずいいアイデアが沸いてきたりチャンスが転がってくるものですよ。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

では、また次回お会いしましょう。