人生を好転させる患者さんへの『スタンス』

こんにちは、岡林です。

さて、今週はちょっと順番を入れ替えて、、
『出張整体あるある話』についてお届けして参りたいと思います。
※質問回答教室は次週お届けしますので、楽しみにしていてくださいね。

出張整体あるある話

さて、今回は出張整体のあるある話についてお届けしたいと思います。

ただ、探してみるとよくある話ってあまりないんですよね(笑)
どちらかというと、あまりないケースだけど『知っておくと役に立つ』そんなお話の方が多いです。

ただ、先生にとっての『あるある』にして頂ければと思いますので、ぜひ最後までご覧になってくださいね。

さて、今回お伝えしたいのは気持ちの「スタンス」のお話です。
どのような心持ちでお客さまや相手の方と接するか?これは今後のお仕事や幸福感にも影響するとても大切なテーマですね。

今回、特に考えて頂きたいのはお客さまから『頼まれごと』をされた場合の対応です。

お客さんから「頼まれごと」をされたときは…

このような場合、先生はどのようなスタンスで対応をされていますか?

お返事をするより先に断るための言い訳が頭の中を駆け巡ってはいませんでしょうか…?
自分ならどんな反応をするか?ちょっと考えてみてくださいね。

…ちなみに、わたしは結構頼まれごとをされる方です。
ひょっとしたら頼みやすいのかもしれません。

そんなわたしが考える頼まれたときのポイントは
=========================
『できる限り考え過ぎないこと』なんです。
=========================

なぜかというと…、

たとえば先生が誰かに頼みごとをしたとしましょう。
このとき相手の方に、「はい、分かりました!」と答えてもらえたら嬉しいですよね。

その一方で、「いや、あれがこうで、こういう理由で今回は~…」なんていう答えは、あまり聞きたくないと思います。

だからこそ、『相手が喜ぶことをする』
これはわたしがとても大切にしている考え方の基本です。

もちろん人を殺めてくださいとか、そういうお願いに「はい」って応えたら駄目ですよ(笑)
自分にできる範囲のことで人が笑顔になるようなことなら、「やりますよ」って気持ちよく返事をしてあげてください。

無茶をしてはいけませんけどね。
できそうなことなら先に「はい」と言ってしまうんです。

そして、言った後で
「ではスケジュールはこのくらい先になると思います。私でよければ頑張りますね!」
と言う訓練をするんです。

よく経営や戦略の話では「5年先を見て考えろ」というようなお話がありますが、、
5年先ってたいてい分かりませんからね。

そんなことよりも目の前の人に頼まれたことに「はい」って返事をしてやっていると、
気が付けばそれが仕事になっていたりするんです。

~~~~~~~~~~~
『頼まれやすく居る』
~~~~~~~~~~~

これって結構大事ですよ。

この先生に頼んでも断られそうだなっていう先生に頼まれごとは来ませんからね。
実際のところ、わたしの仕事は全部頼まれごとから発生してるんです。

以前もメルマガで軽く触れたと思いますが、
「産後の骨盤矯正できませんか?」と頼まれたことがあったんです。
もうかれこれ7年ぐらい前の話になると思います。

そのときにこうしたら細くなるんじゃないかって頑張って開発したんですよね。
そうしたら、その患者さまにはもの凄く喜んで頂けました。そこから今ではのべ何万人も受けるようになっています。

こうした経験からも「できることはやりますよ」というスタンスが一番大事だとわたしは考えています。

たとえば、大病にかかると命の有難みが分かるって言いますよね。
ひょっとしたら先生にもそんなご経験があるかもしれません。

生死の境をさまよった経験から

「健康って大事なんだな」
「何もないことが一番幸せなんだな」

っていうのが深く心に響いてくるんです。

何が言いたいかといいますと…

「今の自分が幸せだ」と、分かっていることがとても大切なんです。
同じように頼まれごとをされたら、頼まれごとをされるっていうことが幸せなんです。

私の知り合いに病気になってしまった方がいたんです。
その方は頼まれごとを全部断って自分の治療に専念されました。

その結果、何とか治りはしたのですが、頼まれごとを全て断ったこともあり、

「自分は何のために生きているのか?」

という疑問が出てきてしまったそうなんです。

ということはやはり、「人に喜ばれる」「人の笑顔を増やす」こうしたことが生きることの本質なのではないかと思うんです。

私たちはいずれ間違いなく死にます。
これは誰にでも平等に訪れるものです。

死んだときに「よかったな」って思える、
そんな人生に必要なのは人の笑顔だと思うんですよね。

先生はいま、何か頼まれごとをされてませんか? 
されてるんだけどそれを疎かにはしていませんか? 

無理のない範囲で頼まれごとに応えていると、良い連鎖がいずれ先生にかえってきます。

できそうなことならひとまず受けてみる。

ぜひ、挑戦してみてくださいね。

今回も最後までご覧いただきましてありがとうございました。