「値段安すぎない?」と言われたら…

こんにちは、岡林です。
今回は、『出張整体あるある話』をお届けします。
 
 
先生は値段設定で悩んだりしたことはないでしょうか?
 
 
うちのグループでも、
お客さまに「値段が安すぎませんか?」と言われることがよくあります。
 
 
これはとってもありがたいことですよね。
逆に「高すぎませんか?」って言われたらちょっと問題がありますよね(笑)
 
 
「安いですね」と言われるということは、お渡ししているサービスについて
満足いただいているということなので、とても良いことだと思います。
 
 
ただ、「安いですね」と言われた時に値上げをするのもアリだとは思いますが、
私の場合は、その時に多少の値上げをする、ということに考えが至りません。
 
 
私の考えは少し変わっているかもしれませんが、
自分がサービスをするために相手に投げかけた量、喜んでいただくために与えたものというのは、
 
その時にお金として返ってこなくとも、
回りまわって良い結果として返ってくるものだと考えています。
 
 
そうしていると、不思議と新しいビジネスや仕事のチャンスのようなものが、
引き寄せられるように自分のもとへ来たりします。
 
 
結果的に仕事が上手くいき、収入が増える、なんてことが起こってくるのです。
なので私は、目先の値段設定を少し上げる、などの対応はあまりしません。
 
 
ただ場合によっては、本当に安すぎて価値を認めてもらえないと、
お金を払ってる方がうまく価値を受け取れないこともあります。
 
 
特に技術講習など、何かを学ぶ時はある程度お金を払って学んだ方が身になるので、
そういった意味ではお金をいただくっていうのはとっても大切なことです。
 
 
それはしっかりと認識しながら、
 
「もっと得していただくにはどうしたら良いか?」
「”安すぎる”と言ってもらうにはどうしたら良いか?」
 
を考えていきましょう。
 
 
 
目先の値上げよりも、相手にいかに投げかけられるか、
どのくらい与えられるかということを考えていく方が、
 
長期的に見れば非常に有効だと感じています。
 
 
ぜひ、参考にしてみてください。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。